竹内流!誇りの持てる日本史6(南北朝時代)

社会の急速なグローバル化にともない、私達は沢山の海外の方々と関わる機会が増えました。会社の相手先だけでなく、同僚、後輩、また近隣の住民としても、関わらない日はないといっても過言ではありません。

そこで気になってくるのが、互いの国の「文化の違い」ではないでしょうか。


海外の文化を学ぶ機会は沢山あります。

しかし、日本を学ぶ機会はあなたの身近にあるでしょうか?


「日本人だから」当たり前のように日本を知っていると思っていませんか。

また、海外の人と接しているときに「日本の歴史や文化をうまく説明できない…」と思ったことはありませんか。


「誇りのもてる日本史」シリーズでは日本史・日本文化の「ためになる」「面白い」ことを中心に、内容を厳選いたしました。

日本史が初めての人でも、親しみやすいものになっています。

「あなたは日本史・日本文化が好きですか?」

視聴後に「はい」と胸を張って言っていただけるような授業を心がけました。

是非一度ご覧ください。




竹内流!誇りの持てる日本史6(南北朝時代)視聴はこちら

https://youtu.be/eP9vPx71OAY

第6巻は南北朝時代です。

・南北朝とは何か

・鎌倉幕府滅亡~建武の親政~南北朝合一

・後南朝とは何か

・南朝正統論

・南北朝文化(連歌・闘茶)

について語っています。

平成2795日(土)19時~2030池袋東京芸術劇場 ミーティングルーム7にて収録)

3,000円

注文数 :

みんなのレビュー

総合評価 5 (2件) すべてのレビュー
  • 裏話満載★
    竹内先生のお話は、歴史の事実の裏話やエピソードなどを語ってくれるのが面白いですね。
    竹内先生の家柄がらみのお話の凄さは類を見ません!
    国史に対する理解が深まり、より一層興味が湧いてきます!

    投稿者 : くまざわ

     年齢:40代 職業:会社員・団体職員 性別:男性

    投稿日 : 2015-11-23

  • 難しい
    南朝と北朝の関係、南朝からみて北朝は敵という認識(?)は変わらないのでしょうか?
    北条貞時は政治的に天皇家を2つに摂関家を5つに割ったことになりましたが、
    それ以前から内部分裂はせずとも、派閥らしき力関係はずっとあったのでしょうかね。
    難しくてDVDを繰り返し視聴させていただいています。

    負け戦とわかっていても戦う、とても複雑な気持ちになります。
    影で支えていた女性たちは旦那様たちと同じ気持ちだったのでしょうか。。。
    男の人たちは、永遠に戦う生き物なのかと思ってしまいます。。

    後村上天皇、戦う天皇、勇ましい限りです。
    こんな天皇さんがおられたんですね。知らなかったです。
    胸には八咫の鏡と八咫の勾玉って、カッコ良すぎますもん!
    個人的に刀嫌いですし、ドンパチの戦いものも好きではありませんが、
    時代劇は嫌いではないので(苦笑)、映画やドラマで戦う天皇さんをみてみたいです♪

    今の時代は階級や身分は関係ないという雰囲気ですが、
    そうは思いません。
    それこそ竹内先生はものすごく古い家柄のご出身ではないかと。。
    多彩な世界であって良いと個人的に思います。
    多彩な中での異文化異業種、様々な層が交流できると、
    多面的で面白みが増してゆくって、とても素敵なことだと思います。

    竹内先生、秘書様、いつも楽しい講義をありがとうございます。

    投稿者 : ミドリ

     年齢:40代 職業:その他 性別:女性

    投稿日 : 2015-10-07

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

お問い合わせフォーム